2009年10月06日

「スピリッツ」

こんにちは、施工管理課の平野です。
今年も早いもので、もう10月に突入しましたね。

「ウィスキー大スキー」な私は、夏場はソーダ割り(ハイボール)で
スカッと! 涼しくなるとオンザロックか、少し水を加えたもので
ちびちびとやるのが、帰宅後のささやかな楽しみのひとつです。
今回のテーマ 「スピリッツ」は、そんなお酒の話・・・ではなくて
「魂」の方です。

さて、前回のブログでもご紹介させて頂いたK様邸。
先月、無事お引渡しが済みました。
そこで私が見た「スピリッツ」をご紹介したいと思います。

梁木工事中
↑大工工事中の、1階リビング天井の写真です。
古い天井を撤去し、勾配天井にすることで空間を広げる設計です。
今まで天井裏に隠れていた梁が”現し”になりました。

新しく入れ替えた柱が3本見えますが、そのほかに撤去した
柱があるため、既存の梁下に新しい梁を足して補強をしています。
黒ずんだ既存の梁と、真新しい梁の違いがはっきりと分かり
このままだと少しちぐはぐな印象です。

古い木材をきれいにするには、ペーパー研磨やあく洗いといった
方法がありますが、加減が難しい。
現場で塗装やさんに相談したところ、「あく洗いをして、仕上げに
ウッドワックスを塗れば馴染むから大丈夫。任せて欲しい。」と、
静かながら自信を感じさせる口調に「スピリッツ」を感じ、
その場を託しました。

そして完成後の写真がこちらです。
梁仕上がり
くすんでいた古い梁は木の味わいを残しながら綺麗になり、
新しいものと馴染んでいます。
一体感が出たので空間のダイナミックさも増したように
感じました。


次に、階段の吹抜け部分です。
既存の壁と天井を解体して吹き抜けに。
階段自体は既存ですが、周辺の手摺や柱・梁を化粧の木材で
仕上げています。
3階段まわり

絡み合う木の造作は、ごまかしが効きません。
試行錯誤しながら丁寧に造り上げていく、
大工さんの「スピリッツ」を感じました。

今回ご紹介したような目を引く部分だけでなく、
表には出て来なかったり、素通りしてしまうようなところにも
「スピリッツ」は込められています。
それを感じることは自分自身にも大きな刺激になるんですよね。

皆の素晴らしい「スピリッツ」に乾杯です!

施工管理課 平野

posted by sekou at 09:00| Comment(0) | Hirano(設計課へ引越し)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。