2013年07月16日

美ら海水族館

こんにちは。
施工管理課の井出です。 
毎日、茹だるように暑い日が続いていますね。
皆様も熱中症にはくれぐれも注意して下さい。
 
先日、お休みを頂き、沖縄に旅行に行って参りました。
予てから行きたかった“美ら海水族館”にも、旅の中で行く事が出来ました。

美ら海水族館は、崖地に建てられていて、
傾斜に合わせ、階段状に設計されています。

1

周囲の丘に合わせて建物の高さは、低く抑えられています。

2

水族館が建つ、崖上からは海を一望出来ます。

3

美ら海水族館といえば、世界でも最大級の水槽があります。
さらに、その大水槽を隔てるアクリルパネルがこれも、世界最大級。
 
こちらです。

C
高さ8.2m、幅22.5m、厚さ60cm!!

この、目の前一杯に広がる開口部は圧巻です。
60cmの厚みを感じさせない程、透明なアクリルパネルは、
近づくことで、海中の光景が目の前に広がり、
潜っているような感覚を与えてくれます。

D

建設当時は世界最大のアクリルパネルとしてギネスに認定されましたが、
現在は、ドバイ水族館が記録を塗り替えているそうです。
さらに、何れのアクリルパネルを製造しているのも、
同じ日本の企業だというので、驚きです。

また、水槽を見学していて、感じたことがあります。
全体の水槽で、自然光が上部から降り注ぐ演出がされていました。

E

光が落ちてくる事で、潜って観察しているような感覚を持てます。

F

巨大水槽に自然光。
疑似潜水体験をさせようという設計者の思いを感じます。
近年の水族館は、見せ方への工夫が多くされているため、
そういった視点で見るのも面白いかもしれません。
いつか記録を塗り替えた、ドバイ水族館にも、行ってみたいです。

施工管理課 井出

posted by sekou at 09:37| Ide