2014年03月25日

自邸のご紹介(環境配慮型設計に着目して) その5

3月もいよいよ後半に入り、春一番も吹きました。
日中はかなり暖かい日も増えましたが、
油断すると朝晩はまだまだ冷える日もありますね。
皆さんは風邪などひいていませんか?
今年で花粉症暦が30年になる大坂が書かせて頂きます。

今週は、解体完了検査が1件、基礎配筋検査が1件、
木造軸組み検査が1件、木工事完了検査が1件ありました。

さて、今回も引き続き「環境配慮型設計の実践例」として
自邸の紹介をしたいと思います。

前回は「自然素材設計」 の珪藻土いついてお話しましたが、
今回はその関連もある「省資源設計」についてお話しします。

ここで言う「省資源設計」というのは、
簡単に言うと『材料固有の寸法を理解し、
それをなるべくそのまま生かす設計をすることで、
無駄を無くし、ごみを減らし、環境にもコストにも
優しい設計をする』ことを指します。

そして、結果的にはその寸法を生かすことで、
見た目にも美しい比例になったり、機能的にも良い寸法で
納まるよう配慮した設計を目指しています。

では自邸での具体的な「省資源設計」の例を説明します。

前回、子供部屋に珪藻土を採用するに当り、
擦れやキズ対策で腰板を張っている例をご説明しました。
この腰板には厚さが5.5oのシナベニヤが貼ってあるのですが、
この板の大きさが3尺×6尺、つまり910o×1820oという寸法なので、
それをそのまま貼るために床から91pの腰板壁となります。
厳密には、高さを微調整したり、上端の面を取ったりしますので、
91pではなく約90pという言い方になります。

子供部屋腰板

そして、この腰板壁がそのままグルッと回って、
ある箇所では吹き抜けに対する手摺壁になっています。
そのままだと約90pの手摺壁ですが、
落下防止の意味を考えると少し低すぎる。
しかし、これより大きな規格のシナベニヤは、
大きさが1230o×2430oなので、切って使うと無駄が多い・・・。
ということで、シナベニヤの約90pという寸法を生かしながら、
落下防止の手摺の高さも確保する為に
こんな手摺壁のデザインにしてみました。

子止め部屋手摺

同じデザインで廊下側の手摺も構成していますが、
こちら側は天窓からの明かりを効率よく下階へ導く為に
強化ガラスが入れてあります。

トイレの腰壁についても前回触れていますが、
こちらも同様の仕様で、約90pまでシナベニヤが貼ってあります。
足元周りや便器からの水はね等の為の腰板なのですが、
ちょうど手洗い器の水はね対策にもなる寸法で、
タオル掛けなどのアクセサリー等を取り付ける目安にもなっています。

トイレ腰板

濡れた手を拭くタオルの湿気から珪藻土を守ることにもなります。

シナベニヤに限らず、流通している資材ごとに固有の寸法がありますので、
設計段階からそれを意識しておくことで無駄やごみを減らすだけでなく、
美しく仕上るというものが他にもたくさんあるのです。

その代表例のひとつがタイルでしょうか。

タイルは、そのタイルごと様々に決まった寸法がありますし、
「タイル割り」という言葉があるくらい目地の巾まで含めて
詳細に設計しないとなかなか美しく納まりません。
切った切れ端は上手く活用できず、捨てるしかない場合も多いのです。

自邸の場合・・・どうでしょうか?

キッチンタイル

まあまあ上手くいったでしょうか(笑)

もちろん関連する様々な制約がありますから、
『無駄の無い』ばかりを考えて設計できるわけではありませんが、
こういうことの積み重ねが、結果的にはごみを減らすことや
美しい納まりにつながればと考えているのです。

では、続きは次の機会に。

施工管理課 大坂

posted by sekou at 09:25| Osaka