2015年01月27日

薪ストーブライフ

1月も最終週に入りました。
本格的な冬の寒さの中ですが、皆さんはインフルエンザなどにかかっていませんか?
今週は、今年になって初めて大坂がブログを担当します。
ご挨拶が遅くなりましたが、皆様本年も宜しくお願いいたします。

この1週間では、木工事完了検査が1件、外装完了検査が2件、
工事完了検査が1件ありました。

ほんとうに暖かさが恋しい毎日ですが、
皆さんは家ではどのように暖を取っていますか?

エアコンやファンヒーターなどが一般的でしょうか。
なかには床暖房を併用している方もいらっしゃるでしょう。
コタツの心地良さも格別ですね。

ですが、特に東日本大震災以降は薪ストーブやペレットストーブなどの
再生可能エネルギー(バイオマスエネルギーなどとも言われます)の
注目度が上がっているようです。

私共でも、お客様からのご質問や設置の実例も増えてきています。
以前のブログでもご紹介しましたが、私の自邸には薪ストーブがありまして、
この季節は毎日火を入れていますので、
今回はその様子を写真を多めにご説明したいと思います。

興味はあっても、「大変そう」や「難しそう」という声も良く聞きますので、
まだ3シーズンですが実際に使ってみての感想も添えたいと思います。
検討されている皆さんの参考になれば幸いです。

まず、火を入れる前の様子です。

2015.1.27Jstobe 001 
こんな顔をしています(笑)

扉を開けて、焚きつけを空気がうまく流れるように置いて
2015.1.27Jstobe 002

火をつけます。

2015.1.27Jstobe 003

自邸では、着火には木材を再生して作った着火剤を使っています。
焚きつけは、現場で出た使用できない端材を使っています。

2015.1.27Jstobe 004

着火剤から焚きつけにうまく火が移ったら
2015.1.27Jstobe 005

この位の中割程度の薪を数本足します。

2015.1.27Jstobe 006 2015.1.27Jstobe 007

この薪にも火が入ると少しずつ暖かくなってきます。

2015.1.27Jstobe 008

しばらく待っていると、炎だけでなく、薪そのものにも火が入って、
内側から赤く燃えている部分が見えるようになってきます。

2015.1.27Jstobe 009

俗に言う「熾き火(おきび)」の状態です。

薪ストーブを効率良く上手に活用するポイントは、
炎を出してどんどん燃やすのではなく、空気量を上手にコントロールして
赤々とゆっくり高温で燃える熾き火を作ることだと言われています。

ですので、なるべく早く熾き火をたくさん作りたいわけです。

また、自邸の薪ストーブは排煙を減らす為に触媒を使うタイプですので
この切り替えが必要となります。

少しずつ温度が上がっていき、触媒の温度で150℃を越えたあたりを目安に
排気経路を切り替えます。

2015.1.27Jstobe 010

自邸の薪ストーブでは、側面のレバーを前向きから後ろ向きへ回すと

2015.1.27Jstobe 011 2015.1.27Jstobe 012

排気の経路が切り替わり、直接煙突へ流れていた煙が触媒を通過して2次、
3次燃焼を経て排出されるようになります。

するとストーブ内の温度がどんどん上がるとともに、炎の出方が柔らかくなります。

2015.1.27Jstobe 013

熾き火もどんどん増えていき、この状態以降は供給する空気量を調整しながら、
減ってきたら薪を足すという作業を繰り返していくわけです。

2015.1.27Jstobe 014

もともと照明が少なく、少し暗めの室内ですので、
薪ストーブの明かりが良い雰囲気をかもし出してくれます。

ちなみに、自邸は延べ床40坪の木造2階建てで、
暖房は火を入れればこの薪ストーブ1台で充分まかなえます。
(まだ小さな子供がいますので、寝るまではエアコンを主に使っています)

引き戸を開けておけば洗面室やトイレまで暖かく、断熱性能もあいまって、
寒がりな私でも真冬に家中どこでもTシャツと短パンで過ごせます。

就寝前には少し薪を足して空気を絞っておくと、ゆっくり明け方まで燃え続けて、
起きたときも室内は程よい暖かさを保っていてくれます。

私自身としては、薪ストーブを導入してほんとうに良かったと思っています。

もちろん、薪の確保や保管場所の問題、家の立地条件や周辺環境など、
苦労や注意すべきこともたくさんあるのですが、
もし興味がある方は是非一度体験していただくことをお奨めいたします。

家電にはない柔らかい暖かさは、なかなか得がたい感覚だと思いますよ。

そして何より、火を囲んでのおしゃべりとお酒の旨さは、また格別です。

大坂


優建築工房のホームページはこちら

posted by sekou at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Osaka

2015年01月13日

エンジン始動

おめでとうございます。施工管理課の両角です。
新年に入り1週間経ちましたが如何お過ごしですか?
私はようやくエンジンがかかってきた所です。
スロースターターなもので。

藤沢辻堂に引っ越して、はや5年が経とうとしています。
毎年この時期には駅伝があり、家の直ぐ側を走っているようでしたが、
私自身、あまり興味なかったので毎年スルーしておりました。
今年は二人めが産まれ、まだ小さいので何処にも出かけず、
家でのんびりなお正月でした。

3日の朝は、息子と二人で近場の公園に遊びに行きましたが、
誰も居ない。いつもなら数人チラホラ遊んでいるのに。
まぁ気にせず二人で遊んでいるとゾロゾロと大通りを歩く人波が。
何かと思い見に行くと、そうっ、駅伝です。
通りにでると早速テレビで見たことがある旗を渡され、
駅伝などそっちのけで旗に夢中な息子です。

2014.9.22cmt.ekidenn

右を見ても左を見ても人人人。

2014.9.22cmt.ekidenn2 2014.9.22cmt.ekidenn3

凄いですね。新年早々熱気に溢れてました。
パワーをもらいましたよ。

昨年同様、凧揚げも行ってきました。
昨年は、私が揚げて、息子に持たすといった感じでしたが、
今年は率先して息子が頑張っていました。

2014.9.22cmt.takoage
 
成長を感じる瞬間ですね。
本当に楽しかったみたいなので、1月中に
もう何回か連れて行ってあげようと思います。

こんな平和な感じで始まりました新年です。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。


両角

優建築工房のホームページはこちら

posted by sekou at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Morozumi

2015年01月06日

安全祈願

新年、おめでとうございます。
施工管理課の井出です。
弊社は1月4日までお休みを頂いておりました。

昨年は年末に腰を痛めて、
一年の締めくくりとなりましたが、
気持ちを新たに、元気出して参ります!
本年もよろしくお願い致します。

1月5日、仕事始めの安全祈願に行って参りました。
毎年、お世話になっている五所八幡宮です。

20150105anzenkigan1 20150105anzenkigan2 20150105anzenkigan3

皆様からお預かりしている大切な工事が、
安全に進められますよう、お願いをして参りました。

20150105anzenkigan4

最後はみんなで記念撮影。

年末に腰を痛めてしまったので、大好きな雪山(スノーボード)
を我慢した私は、健康も切に願って参りました。

皆様にとってより良い年になりますように。

本年も何卒、よろしくお願い致します。


井出

優建築工房のホームページはこちら

posted by sekou at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Ide

2014年12月16日

建物と外構の一体的なデザイン

12月も半ばを過ぎました。
いつも言うことですが、ほんとうに1年が過ぎるのが早く感じますね。
先日は、東京で初雪を観測したそうですが、皆さんは風邪などひいていませんか?
今週は、寒さが大の苦手で、週末の夜に薪ストーブの前で一杯飲むのが楽しみな
大坂が書かせて頂きます。

この1週間では、木工事完了検査が1件、完工検査が8件ありました。

それとは別に、私が直接担当した新築のお客様の外構工事が完成したので、
その検査に伺いました。

今回はそのご紹介を。

横浜市のY様邸で、古い住宅地の、わりと細い路地に面した1戸建てです。

2014.12.16Jyamada1 
(電柱と街灯が邪魔ですね!!)

建物自体の設計時もそうだったのですが、
「基本シンプルで永くあきの来ない、でもちょっとおしゃれで、
良く見るとこだわりを感じる」というY様のご要望。

とても難しいのですが、やりがいのあるご要望です。

建物の外装が、ガルバリウム鋼板のシルバー系と
バルコニーのイペ材の羽目板の2系等のカラーなので、
外構にも同じコーディネートをしました。

イペ材の角材で道路に面する低いフェンスを構成して、
建物との一体感を出しました。

いかがですか?

圧迫感は出したくないけど、家がむき出しではない、
柔らかく道路と敷地を区切るように、上端は自然に波打たせています。

加えて、ポスト付き門柱もアルミのシルバー系とイペ材を組み合わせて、
同じコーディネートをしています。

2014.12.16Jyamada2-1

2014.12.16Jyamada3

足元はシンプルにコンクリートの土間打ちですが、
歩行の範囲のみ洗い出しにして駐車スペースと
さりげなくテクスチャーを変えています。

洗い出しには降雨時の滑り止めの効果も期待しています。

ところどころにアクセントで大判の石を埋め込んであるのですが、
奥の方には砂利の範囲にも石が敷いてあり、2台駐車するときでも
タイヤが直接砂利に落ちない配慮がしてあります。

2014.12.16Jyamada4

その奥は、料理上手な奥様の家庭菜園スペース。
レモンやタイム、月桂樹など、料理で使える植栽が植えてあります。

お伺いした時も、「昨晩の残りだけど食べてね」と美味しい
ビーフシチューをごちそうになってしまいました。
もちろん庭の月桂樹の葉も使ったそうです。

お部屋には大きなクリスマスツリーが飾ってあり、
「まだ住みはじめて数ヶ月だけど、とっても心地よくて、
愛着がわいているの」という嬉しいお言葉をいただきました。

2014.12.16Jyamada5

改めまして、Y様、ありがとうございました。
(ビーフシチューごちそうさまでした)

そしてY様をご紹介いただきましたO様、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。

また、今年も沢山のお客様とご縁があり、
沢山のお仕事をさせていただきました。
この場を借りて、心よりお礼を申し上げたいと思います。
皆様、今年も1年間ありがとうございました。
今年の私のブログは今週で最後となります。
良いお年をお迎えください。


大坂


建築工房のホームページはこちら

posted by sekou at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Osaka

2014年12月02日

原点

こんにちは。施工管理課の両角です。
ここのところ、めっきり寒くなってきましたね。
皆様、体調など崩していませんか?
我が家は、妻と息子が2週間ほどコンコン言ってます。
気を付けて下さい。

さて今回は、先日ご紹介したM&S様邸が
仕上げ工事に入って参りましたので、
その後をご紹介させて頂きます。
大工さんの工事が完了し、仕上げ工事待ちです。



この段階で製作建具や、家具の採寸打合せを行います。
現在は、まだ建具枠のみで建具の吊り込みはされておりません。

2014.9.22cmt.tataguwaku

お部屋の間仕切りがなくスッキリはしてますが、
これで建具が入るとグッとしまってきます。

2014.9.22cmt.tateguwaku2

同時進行でクロス工事も行っております。

2014.9.22cmt.tennjoukurosu

この後、壁の珪藻土を塗り建具や家具を設置していきます。
完成まであともう少しです。楽しみですね。


P.S
先日、無事長女が産まれました。
T様、約束通りブログに写真アップしておきますね(笑)
2人目も早産でしたけど・・・。元気です。

2014.9.22cmt.musume


工事部 両角


優建築工房のホームページはこちら

posted by sekou at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Morozumi